2019-10-08
カテゴリトップ>その他
Gibson / Monthly Limited 1960s J-45 Brown Top 【S/N 13646097】【神戸三宮店】現代版レアカラー、「ブラウン」トップのJ-45が入荷!!

J-35の後継機種として1942年に誕生した、ラウンドショルダー・アコースティックギターの「J-45」。現在に至るまで多くのミュージシャン・ギタリストに愛され続けてきたモデルです。当時45ドルで発売されていたことでこのネーミングになりました。
オリジナルJ-45は誕生から28年間ラウンドショルダーの代表格として君臨していました。しかし、1970年に変革期を迎え、スクエアショルダー&ロングスケールへと変貌を遂げます。
1982年に生産完了となりますが、1984年に待望の「ラウンドショルダー&24-3/4インチスケール」として復活します。

USA、モンタナ工場製
1960年代後期にレアカラーとしてチェリーレッドやエボニー、ブラウンカラーの個体がJ-45では存在していました。
本モデルは現代版レアカラーの「ブラウン」です。BODYはオール単板で、TOPにシトカ・スプルースを、SIDE/BACKにはマホガニーを採用したJ-45王道スペックです。スキャロップドXブレーシングやニトロセルロースラッカー・グロスフィニッシュもお馴染みの仕様です。

1956年頃からオプションとしてアジャスタブルブリッジサドルが導入され、1960年代の個体はアジャスタブルブリッジが多かったのですが、1960年代初期までは通常のストレートサドルを採用した個体も多くあり、本モデルもストレートサドル(牛骨Bone)を採用。
ラージピックガードにGibsonのホットスタンプロゴが印刷されたのは1968-1969年頃の一部のJ-45でしたが、中には1968年以前にもそういった個体は存在しており、本モデルにも採用されています。ロゼッタは1963年以降からシングルリングからダブルリングに変更されますが、本モデルはダブルリングを纏っています。24-3/4インチ・ギブソンスケール、1.725インチのナット幅で、ややがっしりとした厚めのラウンドNECKグリップです。ペグは3連クルーソンタイプを搭載。

ピックアップにはL.R.BAGGSのElementVTCを搭載し、サウンドホールエッジ部でVolume/Toneコントロール可能です。独自のロー・フリケンシーコンプレッサー(LFC)が内蔵されており、ダイナミクスのあるサウンドを演出!!

人気の高い'60年代仕様が盛り込まれており、その魅力を感じさせる1本です。

■付属品:ハードケース、認定証、Gibsonユーザー登録カード

主な仕様
Body Style:J-45
Back:Mahogany
Top:Sitka spruce
Bracing:Traditional Hand Scalloped X-bracing
Neck:Mahogany
Neckwidth:1.725''
Neckjoint:Compound Dovetail Neck-to-body
Fingerboard:Rosewood
Scale length:Short
Number of frets:20
Nut:Bone
Inlay:Mother-of-Pearl dots
Binding:Multi-ply top, single-ply back
Bridge:Rosewood traditional belly up
Tuners:Grover strap button
Plating:Nickel
Pickup:LR Baggs VTC
Finishes available:Brown

価格
298,000円 (税込)送料別
2〜5日で発送予定、お取寄せ時別途ご案内
残りあと1個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便